ビキニラインの処理って、みんなどうしてるの?

アンダーヘアの処理で悩む女性 水着を着るときや下着姿になるときなどに、どうしても気になってしまうのがビキニライン(Vライン)のムダ毛です。

ビキニラインをはじめとしたアンダーヘアの処理やお手入れ方法は、なかなか人に聞きにくいこともあり、どうやって処理すればいいのか分からない方が多いと思います。

「みんなどうやって処理やお手入れしているんだろう?」「どんなデザインがいいの?」と思いながら、なんとなく自分で処理やお手入れをしている人が大半のようです。

しかし、仕上がりに満足できている人は多くないようです。

剃ったり抜いたりしても、毛はすぐに生えてきますので、そのたびに処理を繰り返さなくてはなりません。時間もかかるし、続けることで肌への負担も大きくなります。キレイにしたくてビキニラインを整えたのに、ザラザラした汚いお肌になるのはとても悲しいことです。

ポイント当サイトでは、ビキニラインを処理するときに知っておいたほうがいい知識や、正しい処理のやり方を紹介しています。

ビキニラインに関するホンネの体験談もたくさん掲載しておりますので、是非参考にしてください。

ビキニラインを自分でお手入れ・処理する方法

    処理・お手入れ方法選択イメージどんな処理方法があるの?

  • カミソリや毛抜きで処理
  • 伸びた毛をカットしてお手入れ
  • 脱毛でムダ毛の再生能力をなくす

自己処理は危険がいっぱい!必ず正しいやり方で!

ポイントビキニラインのムダ毛は太くて固いので、処理するときには正しい方法で処理することが重要です。肌への負担をやわらげることができますし、肌のトラブルになってしまうリスクを低くすることができます。

間違った自己処理を続けると、ビキニライン周辺の肌が黒ずんでしまったり、毛が皮膚に埋もれてしまったりといった「肌トラブル」のリスクが高くなってしまします。見た目が「汚い肌」よりも「キレイな肌」でいるためにも、軽視せずにしっかりと知識とやり方を身につけましょう。

それでは、ビキニラインのムダ毛処理方法を「自己処理」、「お手入れ」、「脱毛」に分けて詳しく説明します。

自己処理方法(カミソリ、毛抜き、電気シェーバー、脱毛クリーム)

カミソリ

カミソリで処理昔は男性も女性も同じかみそりを使っていたようですが、最近では女性用カミソリが定着し、肌を守りながらシェービングできる安全設計になっています。

今では、ヘッドは肌に合わせて細かくスウィングしてくれますし、深剃りしないようなセーフティ設計になっている商品も多いです。しかし、毎日カミソリを使用していると、お肌には思わぬ負担がかかっていますので、お肌の負担を和らげる正しい使い方を知っておきましょう。

毛抜き

毛抜きで処理毛抜きで毛を抜くと、次に毛が生えてくるまでの期間が長いのでたくさんの方が使っているようですが、肌への負担が大きいというデメリットがあります。

アンダーヘア部分は皮膚が弱いので毛を抜くと埋没毛(埋もれ毛)になってしまいます。見た目的にもいいものではありませんので、毛抜きの使い方や注意点を知っておくようにしましょう。脱毛テープやブラジリアンワックスも毛を抜くという点では同じです。

脱毛クリーム

クリームで処理クリームの成分で、毛を溶かす方法です。一般的には、ワキや脚、腕などに使用することが多く、ビキニラインに使える脱毛クリームの種類は多くないようです。(IやOラインには使用できません。)

アンダーヘア部分は皮膚が薄くて敏感です。刺激に弱くてかぶれ易いので、たとえビキニライン用の脱毛クリームであっても使うときは細心の注意が必要です。の使用はやめましょう。

お手入れ方法(カット)

ビキニラインの毛を残したまま、下着や水着からはみ出ないように長さを整えるお手入れ方法を紹介します。はさみで切るのがメジャーですが、仕上がりに不満の方も多く、線香やヒートカッターを使って毛を焼き切る方法で処理している方も多いようです。

伸びた毛をはさみで切る

カット処理伸びたアンダーヘアの、下着や水着からはみ出る部分をカットします。家にあるハサミでOKなのでお金がかからないメリットがありますが、切った毛先がチクチクしてしまうデメリットもあり、「突き出し」の心配があります。

ヒートカッター でカットする

アンダーヘアを熱で焼き切る処理方法です。切った後の毛先が熱で丸くなりますので、チクチクしないメリットがあります。肌を傷つける心配はありませんが、一度にカットする面積が小さいので、処理に時間がかかることと、毛が焼けるニオイがデメリットです。

お線香

お線香アンダーヘアを線香でお手入れする方法は昔から有名です。今は誰もやっていない処理方法に思われがちですが、調べてみると意外と使っている人は多いようです。

お線香でビキニラインを処理すると、ヒートカッターと同じく毛先が焼けて丸くなるのでチクチクしないというメリットが大きいようです。ただし使用するときには火が消えた状態で使用して、くれぐれも火傷しないように注意する必要があります。毛を焼いたニオイがとても臭くて部屋に充満してしまうなどのデメリットもあります。

脱毛方法(脱毛サロン、クリニック、自宅脱毛)

今最も注目を集めているのは、脱毛です。憧れの永久脱毛に近い効果を体感できることから、若い女性を中心に大人気です。脱毛が完了してしまえば、もうビキニラインの処理に悩まされることはありませんので、ずっとキレイなビキニラインでいることができます。

脱毛の方法は、「脱毛サロン」「クリニック」「自宅脱毛」の3つです。

脱毛サロン

脱毛サロン今では価格も安くなり、ワンコインで脱毛が可能になったことで10代の女性でも通えるようになりました。自分で処理しなくてもお金を払えば専門スタッフがキレイに脱毛してくれます。

ただしメリットも多いのですが、デメリットもないわけではありません。特に陰部を他人に見られることに抵抗がある女性は多く、そのため自宅で脱毛する女性が増加しているようです。

クリニック

クリニック高出力のレーザーで毛の再生能力を失わせる脱毛手段です。脱毛サロンよりも短い期間で脱毛が完了しますが、価格は少々高めです。

また、脱毛サロンと比べて店舗数が少ないクリニックも多く、都心部以外では通うことが出来ないケースも多いです。脱毛効果はピカイチですので、通うことができる距離にある方は、選択肢に入れていいと思います。

自宅脱毛

自宅脱毛アンダー部分を他人に見られず自宅でこっそり脱毛したい方は、家庭用脱毛器をつかった自宅脱毛がオススメです。

脱毛サロンの効果を自宅で体感できますし、ビキニライン以外の脱毛にも使えるので、コスパはかなり高いと思います。初期費用は数万円かかるため、処理方法の中では高いですが、分割やシェアすることで負担を減らすこともできますし、維持費がかからず一度買ってしまえば好きな時間に脱毛し放題ですので、若い女性にも使用者が急増しています。

キレイなビキニラインを維持するなら、脱毛がオススメです

カミソリなどの自己処理は、正しい使い方をすることで肌への負担を少なくすることができます。そのため、年に1,2回温泉旅行に行ったり、夏の露出が多くなる時期にたまにビキニラインを処理する程度なら大きな問題ではありません

しかし、何回も処理を繰り返すようであれば、遅かれ早かれ肌のトラブルになる可能性がきわめて高いので、お肌のためにも処理方法を見直すことがベストです。自分の処理頻度を考慮して、自己処理か脱毛かを選ぶのがいいと思います。

    ビキニラインの処理方法で迷う女性ビキニライン自己処理の問題点

  • 処理してもすぐ生えてくる
  • 時間がかかるし、面倒
  • お肌に問題(炎症、埋没毛、色素沈着など)

やっぱり理想は処理いらず?

ムダ毛をなくしたい女性にとっての理想は、処理いらずでツルスベ肌をキープできる永久脱毛だと思います。自宅で脱毛しながらところです。

永久脱毛は医療行為ですので、専門の医師にしか施術してもらえませんが、最近では永久脱毛しなくてもお手軽に処理いらずになることができます。

自宅脱毛ができる「家庭用脱毛器」に注目 !

ビキニラインの自己処理を繰り返している方の中には、「今の処理方法でいいのかな?」「他にいい処理方法はないのかな?」と、手間や肌トラブルなどなにかしらの悩みをかかえている方も多いと思います。

若い女性を中心に人気が高く、当サイトでもオススメしている脱毛方法が、「家庭用脱毛器」です。

家庭用脱毛器は、使用するほど毛が生えてこなくなりますので、自宅でこっそりとビキニラインを脱毛できます

脱毛サロンじゃダメなの?

かつては敷居が高かった脱毛サロンも、現在はお試し体験を実施したり、初回限定で金額を安くすることで気軽に体験できる時代になりました。

最近は脱毛する女性も増え始め、価格競争が激戦化したり、高性能の家庭用脱毛器という新たなライバルが登場したことが脱毛サロンの低価格化の理由だと考えます。

実際、初回お試し体験などは、「儲けがあるのかな?」って感じるほどかなり安いです。しかし、それでも「金額が高い」というイメージはなかなか変わらないようです。お試しの数ヶ所だけでは満足できずに全身を脱毛してキレイになりたいという欲がでる方が多いことが理由でしょう。

最近は勧誘なし、追加料金なし、返金保証ありなどの良心的な脱毛サロンが増えています。そのため、信用があるサロンを選んで、初回お試しを上手に利用すれば、金銭的負担も少ないのでいい手段だと思います。

近くに脱毛サロンがない方や、Vラインを人に処理してもらうことに抵抗がある方Vラインだけではなく全身の脱毛を安く済ませたいと考えている方は、誰にも見られずに、自宅で処理できる「家庭用脱毛器」の方がオススメです。

家庭用脱毛器の優れたポイント

喜ぶ女性自宅でキレイにビキニラインの脱毛をしている人が増えている背景には、若い女性を中心に大人気の「家庭用脱毛器」の進化が関係しています。昔のイメージのままで、「家庭用脱毛器は値段が高いんじゃないの?」「本当にキレイに脱毛できるの?」と考えている人も少なくないと思います。

家庭用脱毛器の性能は飛躍的に向上して、すでに脱毛サロンと変わりません。自宅で好きな時間に好きなだけ脱毛することができるので、美容に関心がある若い女性に人気が出るのも当然ですね。

ごわごわしたアンダーヘアのボリュームを落としたり、範囲を調節したりと使い方はたくさんあり、照射したらすぐに毛が生えなくなるわけではないので、仕上がりに違和感がないのもポイントです。

コストパフォーマンスイメージそして、心配な「ランニングコスト(維持費)」もほとんどかからないので安心ですし、。ビキニライン以外の、ワキや脚、腕など全身に使うことが可能ですので、費用対効果は抜群だと思います。

そのため、アンダーヘア以外にも脱毛したい部位がある方には特にオススメです。今人気の高性能家庭用脱毛器を紹介しますので、性能や価格など参考にしてください。

ケノン KE-NON

カラー
シャインピンク、シャンパンゴールド、パールホワイト、ブラック

カードリッジスペック
照射面積 25mm×37mm、最大200,000発(エクストララージ 、レベル1照射時)

オプション、付属品
まゆげ脱毛機、ラージカードリッジ、美顔カードリッジ、 スリムカードリッジ、スキンケアカードリッジ( ※付属品、オプションはキャンペーンで多少変わることがあります。

価格
98,000円→73,800円(分割は月3,000円~)
※価格はキャンペーンで多少変わることがあります。


ケノンは、「照射範囲」や、「照射の強さ」、「その他充実した機能」があり現存する家庭用脱毛器の中では最高の性能をもつ家庭用脱毛器だと思います。ビキニラインのお手入れで重宝することは間違いありませんし、家族みんなで使ったり、友人と共有したりとコストパフォーマンス抜群で経済的です。公式サイトには、そのほかにも様々なうれしい特典も紹介されていますので、ご覧下さい。

脱毛器
↑ケノンの詳細は公式サイトをご覧ください

2016年 更新履歴

・「【男性に聞きました】理想のVラインのデザインは?」のページを追加しました。

・「【男性目線】女性のVライン処理についてのイメージ、体験談」のページを追加しました。

・「ミュゼプラチナム体験談」「ケノン体験談」のページを追加しました。

・Vライン処理で起こる肌トラブルに「毛が埋もれる」「肌が黒ずむ」「肌が赤く炎症」のページを追加しました。

・「Vライン処理で起こる肌トラブル」のページを作成しました。

・「カミソリでVライン処理の体験談」「毛抜きでVラインを処理の体験談」「電気シェーバーでVライン処理の体験談」「脱毛クリームでVライン処理の体験談」「カットでVライン処理の体験談」のページを追加しました。